ワイン買取コンシェルジュ

電話でのお見積りは9:00~22:00

フリーダイヤル0120-940-998

シャトー・ムートン・ロートシルト

chateau-mouton-rothschild

  • シャトー・ムートン・ロートシルト(chateau-mouton-rothschild)
  • シャトー・ムートン・ロートシルト(chateau-mouton-rothschild)

生産情報

原産国
フランス
地区
ボルドー メドック地区 ポイヤック

詳細

ワインの種類
ブドウの品種
カベルネ・ソーヴィニヨン メルロー カベルネ・フラン

「二級ワイン」から「一級ワイン」へ昇格した、ただ一つのシャトー

「シャトー・ムートン」は1855年の格付けで2級ワインとされ、その後1973年の格付け見直しの際に、見事一級への昇格が認められたワインです。

最初の格付けで2級にされてしまった時「1級にはなれないが2級には甘んじられぬ。ムートンはムートンなり」と奮起し、畑から醸造技術、熱性方法などを見直し、改良を加え、長年にわたり一級になるための努力を惜しみませんでした。

特に1922年頃より生涯をワインづくりにささげたフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵は、ムートンの観光地化をおこなったり、瓶詰ワインを最初にはじめるなど、斬新なアイデアでムートンの地位を押し上げてきました。

シャトー・ムートンが1973年の格付けで1級となった時

「余は一級であり、かつては二級であった。ムートンは不変なり」

と言った台詞は有名ですね。

その味わいは、五大シャトーの中でも「豪勢」「派手」と評され、濃厚で豊潤な味わいは「男性的なワイン」とも言われています。

ちなみに「ムートン」の名前の由来は「羊=ムートン」からきていると思われがちですが、歴史を紐解くとこの地方の古い言葉で「mothon」(土塊)をあらわす言葉が訛ったものが正解だそうです。

ムートンのラベルに描かれている羊は、フィリップ男爵が牡羊座だったのと「土塊」の意味よりも「羊」のムートンの意味で世間に広まってしまった為に、羊をシンボルマークとした、という逸話が残されています。

コレクターズアイテム化している「アートラベル」

ムートンのアイデアマンであるフィリップ・ド・ロスチャイルド男爵は、1945年にフランスが解放された時、ヴィンテージごとにラベルの絵が違う「アートラベル」にする事を思いつきました。

それぞれのヴィンテージごとに、ダリ、ミロ、シャガール、ピカソ、バルチェスなど、芸術の国フランスならではの著名な画家が名を連ね、独自のラベル絵をムートンに施しました。

ワインとしての価値を求めるか

アートとしての価値を求めるか、

一風変わった選択肢があるのもムートンの特徴ですね。


ワイン買取リスト

buying list

  • ロマネ・コンティ

    ロマネ・コンティ
    (romanee-conti)

  • シャトー・ル・パン

    シャトー・ル・パン
    (chateau-le-pin)

  • シャトー・ペトリュス

    シャトー・ペトリュス
    (chateau-petrus)

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト

    シャトー・ラフィット・ロートシルト
    (chateau-lafite-rothschild)

  • シャトー・ラトゥール

    シャトー・ラトゥール
    (chateau-latour)

  • シャトー・マルゴー

    シャトー・マルゴー
    (chateau-margaux)

  • シャトー・オー・ブリオン

    シャトー・オー・ブリオン
    (chateau-haut-brion)

  • シャトー・ムートン・ロートシルト

    シャトー・ムートン・ロートシルト
    (chateau-mouton-rothschild)

  • オーパスワン

    オーパスワン
    (opus-one)

  • アンリジャイエ/クロ・パラントゥ

    アンリジャイエ/クロ・パラントゥ
    (henri-jayer/cros-parantoux)

  • シャトー・オーゾンヌ

    シャトー・オーゾンヌ
    (chateau-ausone)

  • シャトー・カロン・セギュール

    シャトー・カロン・セギュール
    (chateau-calon-segur)

  • シャトー・クレール・ミロン

    シャトー・クレール・ミロン
    (chateau-clerc-milon)

  • シャトー・コス・デストゥルネル

    シャトー・コス・デストゥルネル
    (chateau-cos-d`estournel)

  • シャトー・シュヴァル・ブラン

    シャトー・シュヴァル・ブラン
    (cheval-blanc)

  • シャトー・ダルマイヤック

    シャトー・ダルマイヤック
    (chateau-d'armailhac)

  • シャトー・デュクリュ・ボーカイユ

    シャトー・デュクリュ・ボーカイユ
    (chateau-ducru-beaucaillou)

  • シャトー・パヴィ

    シャトー・パヴィ
    (chateau-pavie)

  • シャトー・パルメ

    シャトー・パルメ
    (chateau-palmer)

  • シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド

    シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド
    (chateau-pichon-longueville-comtesse-de-lalande)

  • シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン

    シャトー・ピション・ロングヴィル・バロン
    (chateau-pichon-longueville-baron)

  • シャトー・ポンテ・カネ

    シャトー・ポンテ・カネ
    (chateau-pontet-canet)

  • スクリーミング・イーグル

    スクリーミング・イーグル
    (screaming-eagle)

  • ハーラン・エステート

    ハーラン・エステート
    (harlan-estate)

  • シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ

    シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ
    (chateau-leoville-las-cases)

  • シャトー・ディケム

    シャトー・ディケム
    (chateau-d'yquem)

  • シャトー・ラフルール

    シャトー・ラフルール
    (chateau-lafleur)

  • シャンベルタン/アルマン・ルソー

    シャンベルタン/アルマン・ルソー
    (armand-rousseau)

  • ムルソー/コシュ・デュリ

    ムルソー/コシュ・デュリ
    (coche-dury)

  • DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン

    DRC ロマネ・サン・ヴィヴァン
    (romanee-st-vivant)

  • DRCリシュブール

    DRCリシュブール
    (richebourg)

  • シャンベルタン/クロード・デュガ

    シャンベルタン/クロード・デュガ
    (claude-dugat)

  • シャトー・モンローズ

    シャトー・モンローズ
    (chateau-montrose)

  • シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾ

    シャンベルタン/フィリップ・シャルロパン・パリゾ
    (charlopin-parizot)

  • ラ・ターシュ

    ラ・ターシュ
    (la-tache)

  • DRC グラン・エシェゾー

    DRC グラン・エシェゾー
    (grands-echezeaux)

  • DRCモンラッシェ

    DRCモンラッシェ
    (montrachet)

  • DRCエシェゾー

    DRCエシェゾー
    (echezeaux)

  • マッセート

    マッセート
    (masseto)

  • サッシカイア

    サッシカイア
    (sassicaia)